これさえ気を付けておけばインプラント施術も怖くない

インプラントの内容

まずはインプラントというものについてご説明させていただきます。

インプラントの言葉の大きな意味としては、人の体に埋め込む人工物のことを指しています。
さらに細かく言いますと、歯の場合は歯を失った場所に人口の歯を埋め込んで、歯を補う治療方法になります。
一般的にインプラントと聞いたら、今は大半の方がこの方法を思い浮かべるでしょう。

ちなみに、無くなった歯を補う治療方法としては、これまではブリッジや入れ歯が定番の治療方法でしたが、ここ最近特に若い層にはインプラントの方が増加傾向になっています。
現に治療方法としてインプラントを勧める歯医者さんも多くなっていますので、これからはインプラントが主流になっていくでしょう。

どんな仕組みなのか

ところで、インプラントを行った歯の部分はどういう仕組みになっているのでしょうか。

これについてはまず歯とはどういうものなのかを先にお話しする必要があります。

歯は目に見える部分と、歯根という歯の根っこつまり歯を支えている部分で成り立っています。
なので、歯が抜けるなりして無くなってしまうイコール歯根もなくなってしまうのです。

インプラントはその無くなった部分に新たに歯を埋め込んだり、悪い歯を抜いた痕に代わりの歯を埋め込む際に行う施術ということです。

また、よくインプラントと差し歯を比較する方もいらっしゃいますが、差し歯の場合は歯根がまだ残っている状態で出来るので、そこがインプラントとの大きな違いでしょう。